ウォーターサーバーの設置方法と使用方法について

東日本大震災以降、家庭などでウォーターサーバーを使う人が増えています。

スーパーなどでミネラルウォーターを買うと、ペットボトルが重いために持って帰るのに一苦労となりますが、ウォーターサーバーはその必要がなくなる利点があります。

家庭などでのウォーターサーバーの設置方法としては、まず取扱い専門業者と契約をすることになります。

契約をする際に多くの業者では水の種類を選べるようになっています。

業者と契約をすると、専用の機器を無料で家庭に設置してくれるところが多いです。

専用の機器では水の他にお湯も出せるようになっているために電源が必要となっており、コンセントに差し込む必要が出ています。

サーバーにセットする水のボトルは、業者によって月に1回など定期的に自宅に届けてもらえます。

ウォーターサーバーの使用方法としては、蛇口のようなコックを引くことで、片方からは水、片方からはお湯を出すことが可能となっています。

これにより、いつでも冷たい水と温かい物を飲むことができるようになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ