ウォーターサーバーの基本的な仕組みや機能

ウォーターサーバーは本体に水のタンクやボトルをセットして、いつでもおいしくて安全な水が飲めるのが特徴です。

常温で何日も置いておくと通常の水は腐ってしまいます。しかし、ウォーターサーバーの水は腐らないように工夫がされています。

詳しい仕組みはサーバーの種類によって異なりますが、例えば、極力空気に触れないように設計たれたされたタイプ等があります。

空気に触れなければ雑菌がわかないので、水は腐りにくくなります。

最近は冷たい水だけではなくお湯も一瞬にして出てくる機能付きのものが多いですが、それはどのような仕組みになっているのでしょうか。

ウォーターサーバーの本体がけっこう大きいのは、冷たい水やお湯を作る機能が見えない部分に内蔵されているためです。

内部には水とお湯に分けられたタンクがあり、それぞれ冷却装置とヒーターが取り付けられています。

そして一定温度に保たれた水が常に出てくるようになっており、使うとそのつど自動的にタンクから水が補充されていきます。

その際にも極力空気に触れないように工夫されており、衛生状態を保っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ