人間が1日に必要な量の水分をウォーターサーバーで賢く補給をする

人体の約60%が水である事は良く知られています。人間にとって水は無くてはならないものであり、血液の循環や排泄など生命活動のために常に水分が必要とされ、安静にしている成人男性の場合でも1日に必要な量は2,300mlと言われています。

当然運動量の多い人や暑い季節には大量の汗をかくので、それ以上の量が必要になります。

ただ、水分は飲み物だけでなく食事にも含まれていますから、2,300mlすべてを飲み物から摂取する必要はありません。

飲み物で摂取すべき水分量は、1日にだいたい1リットルから1.5リットルほどとなっています。

この様に人間にとって大切な水は、世界的にも良質な水道水で補うことも出来ますが、水が体の細胞の一つ一つに重要な役割を占めている事を考えると、出来るだけカルキやフッ素などの不純物が少ない水を摂りたいものです。

そして、そんな願いを叶えてくれるのが、手段の一つがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーなら必要な時にいつでも良質な水を飲むことが出来ます。お茶やコーヒーを飲むのは勿論、ご飯を炊いたりお味噌汁を作ったりと、料理全般に使えます。

1日に体から排出される汗や尿と同程度の水を補給する訳ですが、もし補給量が少ないと充分な尿が出ず、体内に不純物が循環して非常に危険な状態に陥ることもありますので、適度な水分補給が重要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ