ウォーターサーバーで水を飲むタイミング

ウォーターサーバーがあると、常に温水や冷水を出すことができますので、水を飲むタイミングを気にせずに済むというメリットがあります。

ウォーターサーバーでは、ボトルをセットしてしばらくすると、温水、冷水のそれぞれに温度を調節しますので、ボトル交換をしてから大体10分程度も経てば、温水でも十分な温度になっています。

お茶を入れたり、冷水のまま飲むこともでき、しかも水道水のように消毒の臭いがせず、水そのものの美味しさを楽しむことができますので、多くの家庭で支持を得ています。

なお、通常はボトルの水は常温で配送しています。そのため、ボトル交換をしてすぐに飲んでも、常温に近い温度の水になります。

冬に冷水を飲むのであれば、これでも十分冷たくはなっていますが、夏場に冷たい水を飲みたいときなどは、氷を入れたり、冷水になるまでしばらくの間待つなどしたほうが良いでしょう。

それほど頻繁にはボトル交換はしませんので、基本的には大体いつでも温水と冷水が飲めます。

ただ、一部のサーバーは冷水のみのタイプや、常温のみのタイプもありますので、こちらの一覧でいろんなサーバーをチェックしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ